旅、生活に関する情報

【快適生活おさらい帳】家庭でできる防災、地震対策

地震では、割れたガラスでケガをしたり、家具や家電の下敷きになったという話を多く聞きます。地震などの災害から身を守るため、日頃から家の中の対策を講じておきたいものです。具体的な方法と備蓄についてまとめてみました。
<窓・家具>
・窓ガラス
飛散防止フィルムを貼ったり、強化ガラスに替えたりする。(カーテンを閉めるのも飛散防止に役立ちます)

・タンス
突っ張り棒、L家金具で固定する。
上下に分かれているタンスは連結させておく。

・食器棚
タンス同様に固定し、開き戸には留め金、ガラス戸には飛散防止フィルムを貼る。

・テレビ
耐震マットを底に貼り付け、裏側をワイヤーで固定する。

※ドアや出入口をふさぐところには家具をおかないようにする。
<備蓄品・非常持ち出し品>
備蓄は1人3日分必要といわれています。
・飲料水 1人1日3リットルが目安
・食料品 ご飯、乾パン、ビスケット、カップめん、缶詰など
・トイレットペーパー、トイレセット(袋と凝固剤がセットになっている)、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそくなど

・非常持ち出し品(一例)
飲料水、食料品、貴重品、救急用品(ばんそうこう、常備薬など)、マスク、軍手、懐中電灯、衣類、下着、毛布、タオル、携帯ラジオ、携帯電話の充電器、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、洗面用具、ラップなど。リュックや鞄に詰めて持ち出せるようにしておきましょう。
懐中電灯やスリッパは手の届くところに置いておきましょう。スリッパは割れたガラスで足をケガするのを防ぎます。

又、家族間で、避難場所、安否確認方法について話し合っておくことも大事です。

(防災用伝言ダイヤル)
局番なし、「171」へかける。
音声ガイダンスに従って安否など伝言を音声で録音できます。

カラダにうれしい製品のご紹介

蔵王美麗だよりでオススメのヨモギ青汁などはこちらから購入可能です。
農業生産法人 株式会社蔵王あすなろファーム