食にまつわる情報

【食材の四方山話】いちじく

いちじくは、漢字で「無花果」と書きます。花を咲かせず実をつけるように見えるからだそうです。いちじくの花は、実の中のつぶつぶで、花が無いわけではありません。

 

いちじくは、美容効果があるものとして、昔から女性に人気があります。紫外線対策やアンチエイジングなどで取り入れられているそうです。

 

いちじくの赤い色は、抗酸化物質アントシニンで、細胞の劣化を防ぐことにつながると期待されています。ビタミンやミネラルなど広く含み、女性にうれしい果物です。

 

いちじくの選び方は、おしりが割れかかっているのが完熟。切り口に白っぽい液がついているものが新鮮だといわれています。日もちが難しいので早めに食べきりましょう。